« イチロー1000本安打 | メイン | 楽譜の記述法 »

クールビズ

「省エネルック」同様定着せずに終わるのか、それとも定着化して夏の風物詩となるのか。 お上からのお達しとして始まった感のあるクールビズであるが、会社でも空調の設定温度のアップ、 トップ自らの実践という形で夏の執務中のノーネクタイ運動が展開された。上意下達云々はともかく、 暑いさなかに無理をしたネクタイ着用をやめようという取り組みは良いことだと思う。

アパレル業界は、クールビズを消費のきっかけにしようと、百貨店などではビジネス向けの軽装を提案してくるに違いない。 父の日を控え苦境に立たされたネクタイ業界は、どのように対応するのか、省エネの取り組みもどこもバラ色というわけには行かないらしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://49.212.76.105/blog3.3/mt-tb.cgi/118

この一覧は、次のエントリーを参照しています: クールビズ:

» クールビズ・その2 from あげさんのひとりごと
主要取引先、関係会社もクールビズでノーネクタイで対応しますとのアナウンスが来ているようですね。 某大手自動車会社、某大手自動車部品会社からも同様の案内が来ており... [詳しくはこちら]

コメントを投稿