« 万難を排して | メイン | 今日の練習曲 »

コミュニティコンサート in KOBE

  • Cantus omnibus unus(坂本龍一作曲)
  • I Praise the Tender Flower(Robert Bridges作詩、Gerald Finzi作曲)
  • Alleluia(13世紀、作曲者不詳)
  • Arirang(朝鮮民謡、Chen Yi編曲)
  • Solfeggio(Arvo Pärt作曲)
  • Song of Cherubim(Krzysztof Penderecki作曲)
  • O Canada(Sir Adolphe-Basile Routhier作詩、Calixa Lavallée作曲、 Deke Sharon and Anne Raugh編曲)
  • 君が代(林広守作曲、F.ECKERT編曲)
  • Hallelujah!(Handel作曲)

肩の力が入らない演奏で、ノビノビと表現ができたような気がした。合同演奏も楽しかったし、ウィニペグの皆さんもフレンドリだった。

指揮:平田勝、森田二郎
混声合唱団はもーるKOBE
東灘区民センターうはらホール

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://49.212.76.105/blog3.3/mt-tb.cgi/169

コメント

上村さん、はもーるKOBEでやっておられるのですか。
コミュニティ・コンサート無事に終わったのですね。
私たち京都男声合唱団もなんとか歌いました。
いつかいっしょに歌いたいですね。

>>ARISOさん
言葉も文化も違う人々が一緒に歌える幸せ。
まさにそれを感じたステージでした。日本の各地で素晴らしい交流の輪が広がっていることを嬉しく思います。
いつか一緒に歌いましょう。

コメントを投稿