« 掃除をすると | メイン | フィリピン語の文法書(BlogPet) »

大和路三首の歌

掃除・片付けの過程で楽譜が発掘されたことは昨日書いたことだが、10年以上も前の編曲なのに、結構細部まで覚えているものだ。 音の記憶までよみがえってくる不思議だ。

「大和路三首の歌」は、1984年わかくさ国体のために作曲されたもので、オリジナルは吹奏楽と混声合唱の編成である。 三つ下の学年のアルトのK氏にア・カペラ女声合唱に編曲してねと頼まれ、 おそらく1986年の阪大混声夏合宿のカルテット大会で演奏された筈である。 編曲といってもオリジナルの音をほぼそのままにシンプルにしただけなのだが。ちょっとピアノで鳴らしてみると、 シンプルな音で女声合唱のオリジナルといってもいいような雰囲気がある。

他にも色々な曲が発掘されたから、ネタがないときはblogの話題として取り上げていこう。

大和路三首の歌:前川佐美雄作詩、岩川三郎作曲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://49.212.76.105/blog3.3/mt-tb.cgi/161

コメントを投稿