« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月 アーカイブ

2005年08月01日

フィリピンからの便り

ballot

先日の出張のときのデジカメ映像が届いた。その中からBallotの映像をお届けしよう。よく見るとわかると思うのだが、 卵の中になにやら見えるだろう。これ以上は説明をしないが、webを調べたら色々と情報があるので、調べてみるのも良いだろう(^_^;)。

 

2005年08月02日

スキウタ

今度の紅白では戦後のヒット曲から聴きたい歌のリクエストを募って、そこから選曲するらしい。参考となるリストを見ると色々な曲が載せられているが、 ちょっとコメントをしてみたい。

1946年~1955年:1952年を除いて、リストの曲は各年で1曲は知っている。 思い出のメロディなどでもよく取り上げられる曲だからというのもあるが、やはり歴史によって選択された名曲といえるのだろう。曲の雰囲気は 「戦争が終わった」ということを良く伝えている気がする。

1956年~1965年:いわゆる高度経済成長の頃のヒット曲である。 日本という国が復興してきたという勢いを感じさせる音楽がそこにある。1963年の「こんにちは赤ちゃん」 は実家にレコードが今でもあるのだが、父が私の誕生を心待ちにして歌っていたそうである。

今日のコメントはここまで。

2005年08月03日

スキウタ2

昨日の続きの話題。

1966年~1975年:リアルタイムで聴いた記憶のある曲はこの頃からである。「世界は二人のために」は確かに聴いた記憶がある。 「帰ってきたヨッパライ」なんてのも、今のような音声処理がない時代で倍速で再生した素っ頓狂な声が強く耳に残っているのだ。 大阪万博から札幌オリンピックへ。オイルショックを経ても日本経済はなおも強力だった。小学校以降になると、 ほとんどの曲を覚えているような気がする。

1976年~1985年:中学、高校、大学と学生時代の曲である。リストの曲のうち知らないものはまれである。ザ・ベストテンなど、 音楽番組が毎日のように放送されていた歌謡界にとっては幸せな時代であった。 音楽ジャンルにチョットずつ分野ができてきたのもこの頃からである。オーディオの発達から個人の音楽嗜好の分化、 そして今日の音楽消費時代に変わってきた。その兆しは、この頃にありそうである。

またまた、続きはまた。

2005年08月04日

こくさいコンサートの練習(BlogPet)

今日は自主とかを練習すればよかった?
今日は赤穂で大きい身体を練習すればよかった?
に行くはずだったのだが始まる18時半になったら動けなくなってしまった
と、あげさんが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

岡山県立総社高等学校合唱部

嬉しい知らせが届いた。

5月に訳詩の件で問い合わせを受けていた高校の合唱部から、県大会優勝の知らせである。生徒らが自主的に活動を進めていて、 MocnikのChristus natus estを選曲するあたりが只者ではない。インターネットを駆使して色々と情報収集しながら、 自分らの音楽を作り上げて行ったのだろう。

鳥取、島根の強豪高を抑えての全国出場というのは難しいかもしれないが、ブロックコンクールでも、 聞き手に音楽が届く演奏ができることを祈っている。生徒らで自主的に活動を続けて頑張っている彼/彼女らは、 高校を卒業してからも合唱を続けて行ってくれるに違いない。そして、どこかのステージでめぐり合えたら素敵だと思う。

中国ブロックコンクールは9月中旬。朗報を待とう。

2005年08月05日

スキウタ3

しつこくスキウタの話題。

1986年~1995年:社会人になって、知っている曲と知らない曲のに二極分化をしている頃か。げんに、 演歌系の曲はほとんどが知らない曲になっている。

1996年~:ここになって、急激に知らない曲ばかりになった。仕事が忙しくなったというのが大きな理由であろう。 子供が二人になったり、出向したり、色々とあってTVを見ることが少なくなってしまった。

という訳で、時代によって曲の傾向も変わってきていることが良くわかった。戦後直後の曲を意外と知っているというのも面白い。さて、 どのような曲が選ばれるのか、年末が楽しみである(って、見るかどうかは知らんけど)。

2005年08月06日

献血50回目

就職した年に1回目の献血をしたんだったか。ここ数年は献血センターでの成分献血ばっかりなのだが、 今日の献血で50回目を数えたのだった。

50回目の記念ということで、ガラス製のお猪口をいただいた。30回目にいただいたものと色違いである。これでペアお猪口となり、 ちょっと嬉しい。記念品がなくてもお手軽な社会貢献として、今後も定期的な献血をしていくつもりである。

今日の練習曲

  • 1. Requiem aeternam,
  • 3. Pie Jesu
  • 4. Sanctus
  • 5. Agnus dei
  • 6. The Lord is my shepherd
  • 7. Lux aeterna
  • Song of Cherubim(Krzysztof Penderecki作曲)

コンサートまで1ヶ月をきった。まだまだ低レベルのできだから、普段の復習をしておかないといけないなあ。

2005年08月07日

今日の演奏曲

  • Der Fichtenbaum(Karl Loewe作曲)
  • Rainbow 'round my shoulder(Robert De Cormier作曲)
  • Zur Nacht(Max Reger作曲)
  • Herr, nun lassest du deinen Diener in Frieden fahren(Felix Mendelssohn Bartholdy作曲)
  • 朝のリレー(谷川俊太郎作詩、山岸徹作曲)

今回は事前練習には全く出られず、当日のリハーサルのみでオンステしたのだった。それなりに楽しめたのだが、 やはりきちんと練習してのステージのほうが楽しみの度合いが大きいね。

兵庫サテライト ファイナルコンサート

世界合唱シンポジウム兵庫サテライトのファイナルコンサートとして、ドイツの男声合唱団カンタービレ・ リンブルクを迎えたコンサートに出演した。

  1. Cantabile Limburg演奏
    指揮:Jurgen Fassbender
    * Salve Regina(Kai-Erik Gustafsson作曲)
    * O vos omnes(Pablo Casals作曲)
    * I will praise thee(Knut Nystedt作曲)
    * Ergebung(Hugo Wolf作曲)
    * Gryning vid havet(Hugo Alfven作曲)
    * Traumlicht(Franz Strauss作曲)
  2. 大学生合同演奏
    指揮:斉田好男、ピアノ:細見真理子
    * 歌劇「アイーダ」より、第2幕2場「凱旋の合唱」(Verdi作曲)
  3. 少年少女合同演奏
    指揮:平林千恵、原田祐子、ピアノ:平林陽、藤井節子
    * トトロメドレー~風の通り道、となりのトトロ、さんぽ~(宮崎駿作詩、久石譲作曲)
    * Sing Together(寺島尚彦作詩・作曲)
  4. 中学合同演奏
    指揮:岡本尚子、森瀬智子、ピアノ:砂田麗央、花田沙和
    * 最初から今まで(リュウ作詩、ヘ・ユジュン/オ・ソクジョン作曲)
    * 花と一緒(ねじめ正一作詩、横山潤子作曲)
  5. 高校合同演奏
    指揮:山本龍弥、Jurgen Fassbender 、ピアノ:内藤典子
    * 栄光の架橋(北川悠二作詩・作曲)
    * For the beauty of the earth(John Rutter作曲)
  6. 一般女声合同演奏
    指揮:Jurgen Fassbender、ピアノ:長谷川いづみ
    * Ave maris stella(Franz Herzog作曲)
    * Die Capelle(Robert Alexander Shumann作曲)
    * Danny boy(Old Irish air、Julie Knowles編曲)
  7. Cantabile Limburg演奏
    指揮:Jurgen Fassbender
    * Liebling, mein Herz lässt dich Grüssen(Comedian harmonists作曲)
    * Lorelei(Silcher作曲)
    * Horch was kommt von draussen rein(Christian Heiss作曲)
    * Ein Jägerlied(Sigfried von Eles作曲)
    * Shenandoah(James Erb作曲)
    * Fever(Robert Sund作曲)
    * How deep is your love(Take that/becker作曲)
  8. 一般男声合同演奏
    指揮:Jurgen Fassbender
    * Der Fichtenbaum(Karl Loewe作曲)
    * Rainbow 'round my shoulder(Robert De Cormier作曲)
  9. 一般混声合同演奏
    指揮:Jurgen Fassbender
    * Zur Nacht(Max Reger作曲)
    * Herr, nun lassest du deinen Diener in Frieden fahren(Felix Mendelssohn Bartholdy作曲)
  10. 「コーラスの祭典 兵庫'05」委嘱作品 全員合唱
    指揮: 森啓一、ピアノ:藤沢篤子
    * 朝のリレー(谷川俊太郎作詩、山岸徹作曲)

カンタービレ・リングルクの声は柔らかく、心地よく会場に響く。ここ数日の疲れが残っているのか、若干の乱れがあるのが残念だ。

大学生合同の演奏は「若い」。勢いは感じるのだがイタリア語がそのように聞こえないし、音楽も斉田さんの棒に付いていってないし、 もっと精進して欲しいですな。

少年少女の演奏は、マックロクロスケも登場するなど、視覚的に楽しませてもらった。

中学合同の二曲目は今年のNHKコンクールの課題曲。譜面はそれほどではないだろうが表現力を要する難しい曲だ。 コンクール直前に各校の合同というのも面白いものだ。

高校合同は指揮者による変化が一番表れた気がする。300名以上のステージは圧巻で、ラターの佳曲に強く感動した。

一般女声合同の演奏は、やや選曲が難しかったのではないか。その中では3曲目のDanny Boyはうまく歌えていたと思う。

一般男声/混声合同は聞いているほうはどうかはわからないが、歌っているのは楽しかった。リンブルクのメンバーも一緒のステージで、 両脇に彼らがいた私は、気持ちよく歌えて幸せだった。

フィナーレの委嘱作品は良い作品だ。高校生くらいの年代に、ぜひ歌い続けてもらいたいし、 大人の我々もどこかのステージで取り上げたいと思う。

2005年08月08日

郵政民営化法案否決

久しぶりに国会中継を見る。お盆休みに入っているから見たというのもあるが、 話題の郵政民営化法案の参議院での採決が見たかったからでもある。

民営化に賛成/反対するというだけではなく、小泉総理の政治手法への賛否もあいまって、法案の成否に注目が集まっていた。 野党が全員反対した場合、与党からの反対が19票を超えれば法案は否決されるのだ。

14時半過ぎ、法案は反対多数で否決された。自民党の20人以上の反対投票があっての大差の否決である。 首相は衆議院を解散するという。変人首相はやることがやっぱり変わっている。

2005年08月09日

衆議院解散

結局、解散となり、9月11日が投票日となったようです。

2005年08月10日

今日の購入楽譜

歌う機会があるかどうかは別にして、見つけたときに購入しないと再び出会えない楽譜が多いのだ。かくして、 購入するときはまとめ買いになってしまう。送料もサービスになるしね。

  • 7つの子ども歌(信長貴富編曲)
  • みんなみんな(三善晃作曲)
  • 花と一緒(横山潤子作曲)
  • 風になりたい(寺嶋陸也作曲)
  • 日本の民謡5(松下耕作曲)
  • Evhe "Gebet"(Damijan Močnik作曲)
  • Memento(Vytautas Miškinis作曲)
  • Laudate pueri, Dominum(Vytautas Miškinis作曲)
  • Ha én kedvesemröl gondolkodom(Gyöngyösi Levente作曲)
  • Nobis natus(Orban György作曲)
  • アンサンブルプラネタオフィシャルスコア「エトワール」

2005年08月11日

兵庫サテライト ファイナルコンサート(BlogPet)

ドイツで柔らかく会場とかを合同しなかったのではないかを合同しなかったの?
世界合唱シンポジウム兵庫サテライトのファイナルコンサートとして、ドイツの男声合唱シンポジウム兵庫サテライトのは楽しかったコンサートに出演しなかったのでは3曲目のDannyBoyはうまく歌えて幸せだった
風の年代に、ぜひ歌い続けてもらいたいし、大人の我々も一緒のステージは圧巻で、ラターの佳曲に強く感動した
中学合同の演奏は「若い」
勢いは感じるのだがイタリア語がそのように楽しませてもらった
オ・
ソクジョン作曲中学合同のも面白いものだ
高校合同は聞いているのは楽しかった


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

今日の練習曲

  • 波浮の港(野口雨情作詩、中山晋平作曲、田村尚編曲)
  • 野ばら(Johann Wolfgang von Göthe作詩、近藤朔風訳詞、Heinrich Welner作曲、 田村尚編曲)
  • 流浪の民(Emanuel Geibel作詩、石倉小三郎訳詩、Robert Schumann作曲)
  • Time to say goodbye(L.Quarantotto作詩、福井悟日本語詩、Francesco Sartori作曲、田村尚編曲)

コールはるかぜの練習にお邪魔する。練習の始めはバリトンがいなかったので、臨時のバリトンを担当する。 ところどころは慣れないパターンがあって誤魔化して歌ってみたが、おおむね初見でも何とかなったかな。

演奏会は9月24日(土) 19:00開演、八鹿文化会館にて。久しぶりに聞きに行こうかしら。

2005年08月12日

日航機事故より20年

あの日も今日と同じようにごく普通の日だった。実家(当時は自宅だが)の今にあるテレビで、日航機が消息を絶った報をうけ、 それがあの大事件の第一報であろうとは思いも寄らなかった。

あの便に乗り合わせて亡くなった知り合いが何人かいる。大学の先生だったから、それほどは近い関係というわけではなかったのだが、 それでも恩師の事故による死は衝撃だった。事故機に乗り合わせた人の「遺書」を読む機会もあり、人の親になった今、 自分がそのような場面に遭遇したらと、飛行機に乗るたびに考えてしまうのだ。

原爆忌、日航機事故、終戦記念日、お盆。8月は「死」について考えさせてくれる時期なのだ。自分の年齢も平均寿命の中間地点にある。 死が他人事でない出来事のひとつになってきたともいえる。いつ終わるかもしれない「生」のために、今日を精一杯生きたいと思う。

2005年08月13日

豊高音楽部OB会

OB会というよりは、有志の飲み会というところだが、 同じくらいの年代を中心にその時々で集まれそうなメンバが盆と正月に集まる会である。今回も10人程度は集まるのだろう。

本日18時より、豊岡市泉町の渡月にて。いつもの村さ来(大開通り歩道橋)より北に約200m。ミリオンパチンコ屋のとなりです。 これを見て来たくなったらお出で下さってもOKですよ。

2005年08月14日

本日の更新

大地讃頌

CD作成のために色々と著作権処理をしているのだが、大地讃頌の作詩者の大木氏については、録音時に特別な処理をする必要がある。 というのは、大木氏はビクターと専属契約を結んでおり、こちらの処理を行わないとJASRACの許諾も降りない仕組みのようなのだ。 複雑極まりない権利処理である。どっかでまとめてやってくれといいたい。

申請書を郵便で送ったが、CD配布までに処理が全部終わるかな。ビクターとの手続きは予定外だった。ううむ。

2005年08月15日

給水装置の成果は

今日、実家から自宅に戻ってきた。

5日間も自宅を留守にするので、ベランダの植物のために給水装置を設置しておいたのだ。給水装置といっても、 2リットルのペットボトルとバケツ、靴下を使って、植木鉢の土が完全に乾かないようにするだけのもの。 夏場は2日も水をやらなければ枯れてしまうほどの環境だから、それほどには期待していなかったのだが…

ここ2日ほど夕立があったという幸運があったものの、期待以上にきちんと水が供給できていた雰囲気がある。 今回はありあわせのもので組み立てたのだが、きちんと設計すれば、もっと確実に水が供給できる気がする。 年末までに日曜大工程度で作ってみようではないか。あ、子どもの工作の題材でも良かったかなあ。

2005年08月16日

コンサートCD作成完了

ほぼ一年越しになってしまったが、去年のコンサートCD作成作業に一日を費やした。著作権処理が残っているが、 CDの作成作業だけは完了させておかないと、この週末に配布することはできない。

午前中から複製作業を開始し、昼過ぎには予定の40セット(2枚組み)を作成完了した。このあとはCD盤面の印刷である。 これも80枚の印刷は3時間程度か。力技で完了させてしまった。下の娘が頼みもしないのに手伝ってくれたのが貢献度大かも。 CDケースに入れる印刷物はレイアウトだけは完了。これには、許諾のシールを貼らないといけないから配布当日でも良いだろう。

今回、PM-A900を使ったはじめてのCD印刷だが、前に使っていたプリンタよりも使いやすくなっているし、スピードも速い。 やはりプリンタは新しいほうが良いな。

2005年08月17日

本日の禁止IP

  • 148.244.150.57
  • 192.195.100.42
  • 209.176.194.19
  • 212.0.138.90
  • 212.0.138.91

またしてもSPAMです。いたちごっこと判っていながらも。とりあえず「禁止IP」に設定する。皆さんのために、 こうして晒してもおくわけです。

2005年08月18日

大地讃頌(BlogPet)

大地讃頌の手続きは予定外だったが、広い大地讃や大きい大木を作詩しなかったの♪
録音時は、大木氏は、仕組みと、大きいビクターとか、権利などを配布しなかったの?
必要と、大きいビクターとか、こちらの処理を許諾しなかったの?
必要と、大きいビクターとか、大地讃とかを契約したかった
さんは、あげさんたちが、仕組みとかを契約したかった
さんちゃんたちが、大地讃頌の作詩者の大木氏はビクターと専属契約を結んでおり、こちらの処理をする必要がある
申請書を郵便で送ったが、仕組みと、大地讃とか大きい特別とか、権利を許諾しなかったの?
特別などを配布しなかったよ
と、あげさんは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

刺客

いやはや、物騒な言葉が飛び交っている。もちろん、衆議院選挙の話である。

郵政民営化法案に反対して自民党全議員の選挙区に賛成派の公認候補をどんどん立てている。それはそれで結構なことだが、「それだけ」 を理由にした候補擁立というのはいかがなものか。他に争点にすべきことがいっぱいあるんじゃないの?

ワンフレーズ首相らしく、ワンフレーズ政策ということなんだろうかね。

2005年08月19日

CDの仕上げ

50組のコンサートCDのリーフレットを印刷する。切り取ってCDケースに入れるのは各自にしてもらおう。 全部やるのはさすがに大変だ。

合宿のお楽しみ

  • シャビシュー デュ ポワトゥ AOC
  • リヴァロ AOC レーシュ
  • スティルトン
  • イディアサバル
  • フルール ド ビエール
  • 熟成スティルトン
  • ペコリーノ サルド マトゥーロ DOP

今回の合宿に準備したチーズは以上の7品。比較的上級者向けといっておこうか。

2005年08月20日

今日の練習曲

  • 混声合唱組曲「方舟」(大岡信作詩、木下牧子作曲)より、1.水底吹笛、2.木馬、3.夏のおもひに、4.方舟
  • Requiem(John Rutter)より、1. Requiem aeternam, 3. Pie Jesu, 4. Sanctus, 5. Agnus dei, 6. The Lord is my shepherd, 7. Lux aeterna
  • A Gealic Blessing(John Rutter作曲)
  • Ave verum corpus(Wolfgang Amadeus Mozart作曲)

合宿の一日目。二週間後のコンサートの最終練習というところでしょう。だいぶん曲が仕上がってきた気がします。

2005年08月21日

今日の練習曲

  • I Praise the Tender Flower(Robert Bridges作詩、Gerald Finzi作曲)
  • Alleluia(13世紀、作曲者不詳)
  • Sapu Tangan~一枚のハンカチ~(インドネシア民謡、池辺晋一郎作曲)
  • Arirang(朝鮮民謡、Chen Yi編曲)
  • Solfeggio(Arvo Pärt作曲)
  • Mailied(Felix Menderssohn作曲、津川主一訳詩)
  • Song of Cherubim(Krzysztof Penderecki作曲)

合宿の2日目。遅くまで起きていた方もそれなりにいたようだが…。

昨日歌った曲以外の仕上げである。練習量の差が出来にも影響しているかなあ。ま、 本番が近くなると何故か仕上がってくるから何とかなるに違いない。

2005年08月22日

ひと雨ごとに

通勤時には雨が降っていた。傘を差しての通勤は久しぶりの気がする。

雨が降ると気温が下がって、楽に通勤できるのが嬉しい。じめじめよりも気温が低いことのほうが快適に感じるのだ。少なくとも今日は。 お盆も過ぎたし、一雨ごとに秋が近づいてくるのだろうね。

2005年08月23日

グリーン車に乗る

今日は出張で金沢行き。10時までに金沢に着くためには一番のサンダーバードに乗らないといけないのだが、 あいにく禁煙車の指定は満席だった。かといって喫煙車に乗るなんてありえないし、座れないを覚悟で自由席なんてもっとありえない。 仕方なくグリーン車を予約する。

がらがらの状況かと思ったら、思ったよりも多くの利用客。おじさんばかりでなく、若い客も何人かいる。 私と同じで普通車の指定が取れなかったからか。

それにしても喫煙車はまだまだ指定席に余裕があった。全車禁煙席でもいいんでないのと思ってしまうな。

2005年08月24日

ブログと選挙

今回の選挙ではブログを通じて、候補者の政策や政治活動を語りかけることが行われるようになってきている。Ele-logでは、候補者のブログへのリンク集を準備している。

いくつか読んでみると、候補者の人となりや政治への姿勢が見えてくるような気がする。 政見放送や選挙公報では読み取れない候補者の雰囲気が見えて大変面白い。投票の参考情報として読んでみてはいかがでしょうか。

2005年08月25日

豊高音楽部OB会(BlogPet)

きょうさんちゃんが歩道橋にblogするつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

兵庫県合唱コンクール

聞きには行けなかったのだが、母校の結果を聞いて嬉しかった。

ここ数年人数が少なく、例年と比べても活動が大変そうなのだが、何とか銀賞になったそうである。 男声が少ないため兵庫コンクールは女声で臨んだのだが、混声と女声と二つの形態をこなした現役諸君をたたえたいと思う。

ちなみに代表として関西大会に進むのは、以下の団体。

  • 関西学院高等部グリークラブ
  • 県立神戸高等学校合唱部
  • 親和女子高等学校コーラス部
  • 松蔭高等学校コーラス部
  • 甲南女子高校コーラス部
  • 武庫川女子大学附属高等学校コーラス部
  • 県立長田高等学校音楽部

来年こそは、母校も関西に進んで欲しいな。

コンクールの詳細は、兵庫県合唱連盟のwebをご覧ください。

2005年08月26日

有名人とニュース

某氏よりメールで教えてもらった情報。いくつかもblogにも既に取り上げられている。というのは…

合唱の話題以外で松下耕氏がニュースになっているのだ。 webニュースはそのうち読めなくなるだろうから一部引用すると、

トヨタグループ館の入館者が23日、目標の200万人を達成した。 200万人目は、作曲家や合唱指揮者として活躍する東京都八王子市の松下耕さん(42)。記念品を贈呈されたほか、 特典として同館のショーに登場する未来の乗り物「アイユニット」に、一般の人としては初めて試乗した。

ということです。家族とともに普通のお父さんの顔をした氏の姿というのは、ちょっと不思議な気もするけど、 より親しみが沸いてきたなあ。まあ、合唱に関係ない人にとっては普通の人だものね。

2005年08月27日

今日の練習曲

  • うたごえひびけ(森田二郎作詩、Hansruedi Willisegger作曲)
  • 混声合唱組曲「方舟」(大岡信作詩、木下牧子作曲)
  • Requiem(John Rutter)より、 1. Requiem aeternam, 3. Pie Jesu, 4. Sanctus, 5. Agnus dei, 6. The Lord is my shepherd, 7. Lux aeterna
  • I Praise the Tender Flower(Robert Bridges作詩、Gerald Finzi作曲)
  • Alleluia(13世紀、作曲者不詳)
  • Sapu Tangan~一枚のハンカチ~(インドネシア民謡、池辺晋一郎作曲)
  • Arirang(朝鮮民謡、Chen Yi編曲)
  • Solfeggio(Arvo Pärt作曲)
  • Mailied(Felix Menderssohn作曲、津川主一訳詩)
  • Song of Cherubim(Krzysztof Penderecki作曲)
  • A Gealic Blessing(John Rutter作曲)
  • Ave verum corpus(Wolfgang Amadeus Mozart作曲)

コンサートを一週間後に控え、オケ合わせとゲネプロである。楽器の反応はさすがプロという感じで疲れたけれど楽しい練習であった。

2005年08月28日

今日の練習曲

  • Daemon irrepit callidus(Orbán György作曲)
  • Ave Maria(Morten Lauridsen作曲)

月に一度のLa・Lu・Laの練習。Daemonは思ったよりは簡単だったといえよう。Ave Mariaはdivが多いのがつらいな。どことなく東洋的な響きがするのがこの人の作法だろうか。他の曲の楽譜を見てみたい。

2005年08月29日

「刺客」選挙

世の中では郵政民営化選挙といっているが、今回は「刺客選挙」と名づけたい。「刺客」は今年の流行語のひとつに上がる気がするぞ。

小泉自民党はマニフェストで120の約束をしているようだが、今回の選挙が終われば、そして勝つことになれば、 約束などは反故にしてこれまでどおりの政治をしていくに違いない。 マニフェストにかかれたことを守らなくても各候補には関係がないのがこの参議院の採決にも見られたとおりであろう。 今回の選挙から自民党が変わる? そうかも知れないが、長くても小泉さんが総裁である来年までである可能性も否定できない。

さて、小泉さんの言うことを信じますかね。どうしますかね。

2005年08月30日

インターネットと選挙

今日、衆議院選挙の公示である。

民主党のウエブに岡田党首の第一声を掲載したとして、総務省から警告を受け、即削除したとのニュースがあったようだが、 違和感を感じてしまう。

だいたい、選挙にお金がかからないように公職選挙法で各種規制がなされているのだが、インターネットによる配信こそが、 まさにお金をかけずにする選挙運動そのものだからである。候補者それぞれの活動状況、選挙期間における想い、などなど、 選挙を身近にしてくれるツールこそがインターネットである。

電話は良くてインターネットはダメ。こういう規制は早く撤廃して欲しいものだ。郵政民営化よりも大切ではないかね。

2005年08月31日

夏休みは今日で終わり

娘二人の長い夏休みが今日で終わる。宿題は終わっているのかねえ。

上の娘は中学生になって、昨年よりも遥かに多くの課題をこなすのに精一杯の様子である。なんとか今日中には完了できたのかな。

世の親御様、宿題の手伝い(^_^;)の状況はいかが?

About 2005年08月

2005年08月にブログ「Let's sing until tomorrow morning - Agesan's chorus blog -」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年07月です。

次のアーカイブは2005年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36