« 第60回関西合唱コンクール | メイン | コンクールとは何か »

NHK全国学校音楽コンクール・高等学校の部

北海道ブロック・札幌北高等学校(混声)

課題曲、ソプラノの声が上がりきっていないし、ちょっと硬い声の気がする。 柔らかい表現は素敵。最後のところはそれが生きた。

自由曲:「いまぼくに」から木(谷川俊太郎作詩、信長高富作曲)

この団体の得意とする表現力が発揮された選曲。温かい心が聞き手に届けられる。 難曲をアクロバティックに演奏するのとは対極にある演奏といってよい。今年も期待以上の演奏だった。

東北・橘高等学校(女声)

課題曲、JCAコンクールのここの印象とはだいぶん違う。 こんなにおとなしい演奏をしていたっけ。ソプラノの高音が上がりきっていないのが気になる。言葉がちょっと不鮮明なのも惜しいねえ。

自由曲:詩篇から曙光(与謝野晶子作詩、鈴木輝昭作曲 )

自由曲のこの発声が課題曲に影響していたのだな。高い音が耳について、 好きでない。鈴木氏はテキストを重要視しない(と勝手に思っているが)というのもあるが、言葉が良くわからないのも面白くない。ただ、 しっとりと音楽を聞かせるこの作品は、新しい世界として評価したいな。

関東甲信越・大妻中野高等学校(女声)

課題曲、明るい声。ちょっと硬めの声ではあるがぎりぎり大丈夫。 表現はちょっと平板か。

自由曲:南天の蠍。。。(作詩、鈴木輝昭作曲)女に第1集より、 なめる(谷川俊太郎作詩、鈴木輝昭作曲)

いかにも難曲という感じの1曲目。それだけ。ちょっとしっとりした2曲目だが、 表現がピンと来ない。やっぱり難曲という域を出てないのね。

九州・宮崎学園高等学校(女声)

課題曲、柔らかい発声が印象的。言葉の表現にそれがマッチして、 優しさが伝わってくる。最後がちょっと音程が乱れた?

自由曲:お立ち台・長持ち歌(本間雅夫作曲)

メリハリもあり、素晴らしい演奏。課題曲の優しさと自由曲の力強さ。 表現の対比が素敵だと思う。

東北・宮城県第三女子高等学校(女声)

課題曲、冒頭のところ、乱れたよね。今年は全体的に音程が悪い。がっかり。

自由曲:序章-混沌、終章-栄光の光と影(山本曜子作詩、柳沢浩作曲)

声の出し方も統一感がないし、ハーモニーの乱れもある。安心して聞けない。 2曲目のほうはましだったけど。

四国・高松第一高等学校(混声)

課題曲、声が…。練り上げが足りないかな。

自由曲:五つの童画(高田敏子作詩、三善晃作曲)

言葉を母音でのばしてヴォーカリーズになるところ、 レガートを意識する余りポルタメントになってしまっている。べったりした感じの声で精度が甘いかな。表現もちょっと作為的。

東海北陸・岡崎高等学校(混声)

課題曲、男声が清々しい。いつもの重い声から今回はずいぶん変わった気がする。 メロディの流れと音色の変化も巧くマッチさせていると思う。

自由曲:愛(谷川俊太郎作詩、松下耕作曲)

課題曲が素晴らしかっただけに、こちらは声の乱れが気になってしまう。 おとなしすぎる演奏?

近畿・長田高等学校(混声)

課題曲、声も音程も甘いなあ。長田らしいといえばその通りなんだけど。

自由曲:Missa Sol mejuerより、Gloria(Fransis Poulenc作曲)

高校生でこの曲は難しすぎる。というか、 声の未熟さや音楽の持っていきかたであらが丸わかり。特に出のところでね。中間部になると縦の線が揃うけど、 ここでも母音の響きがまだまだなのがばれるんだよ。残念ながら。

関東甲信越・埼玉栄高等学校(混声)

課題曲、声が重い。例年のことだけれど。音楽の流れは良い。余計なことをせずに、 さらっと表現しているのがこの曲の良さを生かしている。

自由曲:「ひみつ」から、うそ(谷川俊太郎作詩、鈴木輝昭作曲)

しっとりとした演奏で、 いつもの(と思っているが)奇をてらったことをしていないのが良い。ここが1位かも。

中国・出雲北稜高等学校(女声)

課題曲、最初の声が素直でよい。柔らかな言葉を表現するには、 ここはこういう声が必要だろう。ここ何年か高校の部を聞いているが、こういう女声の演奏は初めての気がする。 本当に全国初出場ですか?

自由曲:女声合唱とピアノのための組曲「朱鷺」から 3. 朱鷺の声(高野喜久雄作詩、鈴木輝昭作曲)

難しい音程になっても発声が乱れないし、言葉の発音も明瞭。素晴らしい。

総評:全国出場に混声の団体が多かったが、混声の方が印象的な演奏が多かった。女声はちょっとマンネリな感じ。そうした傾向の中で、 出雲北稜の演奏は素晴らしかった。難曲を難曲と感じさせない自然な発声とハーモニーがそれを実現できたのだろう。 栄もどっちかというと嫌いな合唱団だったのだが、今回は見直した。うまい。

審査員の鈴木成夫さんも混声のレベルが上がっているとの感想。TVで聞いた印象と会場とで違う面があるのだろうが、 私の審査(聞いた感じ)が同じようなので嬉しいかも。

審査結果は以下の通り。

金賞:埼玉栄
銀賞:岡崎
銅賞:大妻中野、宮城県第三女子、

ちなみに、私の勝手な審査は、

金賞:出雲北稜
銀賞:宮崎学園
銅賞:埼玉栄、岡崎

でした。女声のほうがやっぱり上かと思ったけど、実際は混声が良かったのね。

課題曲:風になりたい(川崎洋作詩、寺嶋陸也作曲)
NHKホール

 

勝手な採点は「出雲北稜、宮崎学園、埼玉栄、岡崎、札幌北、橘、大妻中野、宮城第三女子、高松第一、長田」。課題曲だけだと「岡崎、 出雲北稜、埼玉栄、宮崎学園、札幌北、大妻中野、橘、宮城第三女子、高松第一、長田」です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://49.212.76.105/blog3.3/mt-tb.cgi/241

コメントを投稿