« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月 アーカイブ

2005年12月01日

問題解決のセンス

ソフトFIXの直前に問題が発生するというのはよくある話である。締め切り直前になぜ重要問題が発生するのかは謎であるが、 身の回りでは毎回のごとく起こるというのは企業秘密である(嘘)。

問題を解決する場合、技術的な能力もさることながら、問題に対する勘というかセンスがカギとなる。ぎりぎりに追いつめられたとき、 このセンスの差が解決への時間に効いてくるのだ。技術的な面では若手に勝てなくなってきてはいるのだが、 勘というところでは一日の長があるといっておこう。匂いでわかるのだよ。

日が変わる頃にはまだ解決にはほど遠かったが、何とか納期には間に合ったと言っておこう。次回からは、もっと早めにチェックして、 土壇場の解決にならないようにしよう。

2005年12月02日

気の早い忘年会

12月になったとはいえ、早々の忘年会は気分が出ない。案の定、出席者が少なかったような気がする。 うちのグループの出席が特に少なかったかもしれない。

混雑しても、「旬のタイミング」でやらないといけないということか。

それにしても、徹夜明けの宴会はよく回りますな(^_^;)。

2005年12月03日

今日の練習曲

  • Ego sum panis vivus(Giovanni Pierluigi da Palestrina作曲)
  • Tre körvisorより、September(Jens Peter Jacobsen作詩、Wilhelm Stenhammar作曲)

まだ来年度の選曲が決まっていないので、今日もまた指揮者の好みの選曲である。毎週のごとく初見で練習なのだが、 1時間くらいで一通りの歌詞付けまでたどり着いてしまうのには、慣れているとはいえ驚きではある。ここから深まるのが何ヶ月もかかるのは、 案外譜読みが早すぎるからではないかとも思ってしまう。それはともかく。

今日の1曲目はパレストリーナの作品。第11(イオニア)旋法で書かれたこの曲は、現代の長音階に近い旋法であるためは、 ルネサンスの曲の特徴があまりないものといえる。これは森田二郎氏の練習での話であるのだが。こういう単純明快な曲を練習していると、 普段歌っているときの音程の癖が明らかになってしまう。さらに他のパートを聞かずに歌っているということも如実にわかってしまうのである。 某パートがそうだったに違いないというのは秘密にしておく(ここで書いたら秘密じゃないじゃん(^_^;))。

2曲目は先日の全国大会でChœur Chêneが歌って金賞を受賞した曲である。ソプラノの魅力的な旋律が印象として残っている。 曲の構成や音程などはそれほど難しいものではない。こういう曲はきっちりと魅力的に歌うことで金賞を取れるようになっているというのは、 合唱コンクールがまともになったといえるだろう。コンサートの選曲に取り上げたいなあ。Wilhelm Stenhammar & Hugo Alfvenにこの曲を含めた情報が載っているので参考になるね。

2005年12月04日

CDジャケットの印刷

今年のコンサートのCDは、2枚組で一つのケースに入れるように考えている。昨日はそのジャケットのデザイン作成をしていたのだが、 コーパスのCDラベルプロダクション5での印刷が一部うまくいかなかったのだ。 一部の文字が印刷結果に表れないのである。プリンタドライバでのプレビューでもその部分が表示されていないから、 なぜかは知らないがプリンタまでデータが送られていないのだ。Q&Aによると、 GeForce系のグラフィックカードだと、最新のドライバに更新しないと「右端のオブジェクトが印刷されない」のだという。

121wareで最新のドライバがないか検索してみると、 RADEONのドライバが更新されている。GeForceとは関係ないはずなのに。 ダメ元で更新してからプリンタドライバでのプレビューで確認すると、あら不思議、表示されるではないか。これで印刷ができるようになった。

厚手のマット紙がなかったので、安めの写真用用紙も買ってきたし、これでジャケット印刷ができる。今晩は量産化が始められそうだな。

2005年12月05日

栃木の事件

またしてもいたましい事件である。発生から数日が経過しているが、まだ犯人が見つかっていないのだ。ひとりの親として、 子供を狙った犯罪というのは許せない。

それにしても自宅まで「すぐそこ」という場所で行方不明になっているという事実を聞くと、 特定の子供を狙い打ちにしたのではないかとも思ってしまう。何を思ってターゲットとしたのか…言葉も見つからない。

物質的には豊かになった現代の日本なのだが、精神的には果たして豊かなのか。敗者に厳しい日本社会が、 どこかで足踏みをしてしまった人間を、このような犯罪者として作り上げているのではないか。そんな心配さえしてしまう。

安全な日本がどこに行ってしまったのか。もう幻想にすぎないのか。そうでないと信じたい、そんな今日の私である。

2005年12月06日

モラルはどこへ行った(BlogPet)

今日、あげさんが
危険があることを十分にわかった上での行動であるならば、犯罪であることは単純の余地はない。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

温風ヒーターで死亡事故

10年以上前に販売されていた石油温風ヒーターで、一酸化炭素中毒による死亡事故が何件か発生しているという。 4月に問題が判明して回収修理していたのだが、修理品でも再発しているという。

JR西日本の対応のまずさが批判されただけに、松下は迅速に対応するだろう。まあ、やり過ぎにはならないようにはしてほしいものだ。 もちろん、被害者には最大限の誠意を持ってというのはもちろんのことだがね。

2005年12月07日

自動車購入資金の手当て

今回の車の購入資金は労金のカーローンである。低燃費・低公害の認定を受けている車の購入用であれば、金利が通常よりも0.5% 低くなるのである。通常が2.8%だから、今回は2.3%。300万円の借り入れで、年間6万9千円である。 5年間で21万円くらいの利子を払うことになるが、年平均で4万円、月に4千円弱と考えれば何とでもなる負担であろう。 実際にどのくらい借りたかはここでは明らかにしないが、上述の金額よりも少ないとだけ言っておこう。

無事に手続きを終え、今週中にはディーラに払い込まれる手はずになっている。あとは納車を待つだけ…かな。

労金のカーローンの特徴は、繰り上げ返済が手数料なしでできることなので、小金を貯めて早め早めに返していこう。

2005年12月08日

みずほ証券発注トラブル

1円で61万株の売り。どう考えても異常な数値である。こういう注文がいとも簡単にできてしまうあたりが異常なシステムである。 しかしながら、こういう人為的な入力ミスというは、当然のごとく想定できるミスであるともいえよう。これを防止できないところは、 証券界のリスク管理がまだまだ甘いと言うことだろう。

証券購入の入力ミスといえば、私にも経験がある。とある銘柄を100株と入力するところを1000株と入力してしまったのだ。 そのときは合計金額が10倍となるために資金不足という警告が出て事なきを得た。一般ユーザに対するシステムであるから、 このようなガードをかけていたのかもしれないが、プロ対象の東証システムだったから、 今回の入力ミスが見過ごされる結果となったのかもしれない。

それにしても、わずか10分程度で200億円の損害なんて、入力を間違った担当者は笑い事ではすまされない。 会社人生はここで終わってしまったかもしれないと、他人事ながら心配してしまうぞ。

2005年12月09日

高千穂鉄道廃止へ

9月の台風14号で全線にわたって被害を受けていた高千穂鉄道は、取締役会にて全線復旧を断念したということである。 味のあるローカル線がまたひとつ姿を消すことになる。

高千穂鉄道といえば、社会人になって3年目くらいに、学生時代の友人たちとともに九州旅行で乗ったのであった。

特急寝台彗星で延岡まで(今はこの夜行列車も廃止になりました)
延岡から高千穂まで高千穂鉄道
高千穂峡を観光してから高森へバスで移動
高森から阿蘇下田まで南阿蘇鉄道
垂玉温泉宿泊
南阿蘇鉄道~久大線で熊本まで
熊本観光後、特急寝台なはで帰途

どうみても鉄道ファンの旅行である。こういうのんびりとした旅の機会が、 ローカル線の廃止で減ってしまうような気がして、残念である。もちろん、たんなる感傷にすぎないのだけれども。

2005年12月10日

今日の練習曲

  • 混声合唱とピアノのための「初心のうた」より、とむらいのあとは(木島始作詩、信長貴富作曲)
  • Reincarnationsより、The Coolin(James Stephens作詩、Samuel Barber作曲)

来年度の課題曲よりG2とG3の味見をする。

ちょっと遅れていったので、G3の練習はほぼ終わりかけていた。「社会」をとらえた詩を生かして作曲されたこの曲は、 コンクールの場で歌ってみたいと感じるものであった。日本語の持つ力をうまく表現しているように感じる。

Barberの曲はちょっと取っつきが悪い。はもーるには合わないような気がするなあ。譜読みが得意なはずの私も、転調に四苦八苦。 歌詞をつけるに至らなかったよう。

2005年12月11日

買う気満々だったのだが

地上波デジタルに完全に切り替わるまでは何とか保たせようと思っていた我が家のTVであるが、そろそろ寿命のようである。 前から内蔵の地上波のチューナでは映像が出なくなっていたのだが、BSチューナや外部からの映像信号でも、一瞬画面が消えたり、 同期が乱れたりするようになった。

そろそろこの辺でも地上波デジタル放送も全局で始まることだし、近頃の流行の大画面薄型TVでも買おうではないか。 買う気まんまんで近所にあるミドリ電化でTVを物色した。しかーし、ピンとくる製品はなかなか見つからない。店員といろいろと会話をすると、 SONYのブラビア、SHARPのアクオスがよく売れているようである。我が家のTVボードのサイズを考えると、大画面は37型が限界で、 SONYは32型の上は40型となって希望サイズにならない。SHARPのTVは気乗りがしないのだ。

最初はPANASONICのプラズマを考えていたけれど、これもサイズの点でダメ。どうもうまくいかないなあ。 買う気があっても買えないというのは、不思議な気のする今日の買い物となった。

突然にTVが映らなくなることもなかろうし、じっくり検討してみよう。

2005年12月12日

新生銀行のメリット

著作権料の支払いに新生銀行の口座から振り込んだ。

新生銀行といえば、リップルウッドに買収された長銀の後継と言うだけのイメージだったが、外資による再建によって、 すっかりイメージチェンジした銀行に変わっていた。なぜ、ここの口座を開設したかと言えば、 他行への振り込み手数料が月5回までは只なのである。新生銀行間の振り込みであれば、これも只。 コンビニ(セブン銀行)からの入金も只であり、これは便利である。

財布代わりの口座として、活用していこうと思う。

2005年12月13日

CDジャケットの印刷(BlogPet)

昨日は、ネットでコーパスや、コーパスや広いマットとかを表示しなかったのではないか
これでジャケットのデザイン作成をしてからプリンタドライバでの印刷が送られていないのだ
Q;Aによると、あら不思議とか買ってきたし、これで印刷がプリンタまでデータが送られていたの印刷ができる
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

ポイントカードのポイント

ヨドバシカメラよりポイントの有効期限のお知らせ。今月末(今年末や!)までに利用がないと期限が切れるようで、 その連絡のはがきが届いた。4万円以上ものポイントが残っていたとは。せっかくだから年内に行って、何か買ってこよう。 携帯電話も何年も経っているから、新しいのに変えてもいいな。

今日のSPAM

山のようなコメントSPAM。わずか数分間で81個。勘弁してくれ。すべて禁止IPにはしてみたが、いたちごっこだなあ。

192.114.65.98
195.175.37.6
195.175.37.70
195.175.37.71
195.175.37.8
199.203.54.151
200.21.18.135
200.21.18.149
200.35.81.254
200.36.112.92
200.79.192.25
200.96.245.46
202.101.173.69
202.29.33.18
202.56.253.177
202.56.253.184
203.131.197.195
203.160.1.37
207.195.243.202
207.195.243.82
209.86.122.224
210.100.138.124
210.179.7.1
211.249.118.252
211.250.8.15
211.251.84.194
212.62.19.185
219.93.175.68
222.100.144.19
222.100.159.205
222.97.181.20
222.99.239.170
58.121.188.124
58.230.164.136
61.144.204.56
61.189.240.196
61.75.1.118
64.24.35.14

ということで。

2005年12月14日

定時退社

せっかく早く帰ったのだから、やりたいことはいっぱいあったのに…。眠気には勝てず、速攻で就寝。明日があるさ…。

今日もSPAMは続く

SPAMにも流行があるのか、来るときは立て続けにやってくるのだ。お昼までに20件、そしてお昼からは11件。順次「禁止IP」 には設定していっている。疲れることよ。

200.47.33.243
200.216.61.154
210.183.131.4
211.141.77.186
211.250.80.2
222.100.112.115
222.121.207.154

2005年12月15日

SPAMは続く

今日もまたSPAM退治である。早くバージョンアップしないと、毎日の投稿がこれになっちゃう。

58.143.31.132
61.111.198.134
61.159.227.93
62.7.244.103
63.70.3.47
195.39.170.102
201.6.101.49
202.58.85.6
202.56.253.183
203.162.27.195
211.248.154.4
218.97.217.65

終電を逃す

仕事でトラブル発生。その日のうちに処理しないと、明日の朝一の工場が止まってしまう。処理も何とか済ませて、 すでに終電は出てしまった後である。ラッキーなことに、自動車通勤の同僚がまだ会社にいるではないか。というわけで、車での帰宅であった。

webニュースでオリックスの前監督仰木氏死去のニュース。えっ!

仰木氏といえば、近鉄の監督就任2年目だったかの最終戦ダブルヘッダでどちらも勝てずに優勝を逃したのを思い出す。 出勤していたはずなのに、なぜかTV映像を見た記憶が。のんびりしたご時世だったのね。

ご冥福をお祈りします。

2005年12月16日

終電が遅れると

朝霧駅で人身事故があったとのことで、兵庫駅で1時間近く停車。座席に座っていたので、しんどくはなかったのだが…。

土山駅に着くと、予想通り駐輪場の扉は閉まっていた。家まで20分強歩く羽目になる。タクシー? そういう解はなくはないが、 やっぱり節約しなくちゃ。車のローンもあるしね。

2005年12月17日

今日の練習曲

  • Sancta Maria(Francisco Guerrero作曲)

今日はアンサンブル練習。来年の課題曲G1を題材に取り上げる。7年前のAlmaと同じ作曲家の作品ではあるが、 今回のものの方がやや取っつきにくい気がする。なんといっても、音の移り変わりのパターンが近年のものとは違うのである。 歌っているうちにパターンに慣れてきておもしろさがわかってきたが、メンバの半分くらいはピンと来ていなかった雰囲気である。 こういう取っつきにくい曲は、歌っていくうちに味わいが出てくるものだが、どうなりますことやら。

課題曲を3つ歌った印象では、G1>G3>G2の順で歌いたい。予想としては取り上げる合唱団の数で言えば、 G3>G1>G2になるのではないか。G4は楽譜を見てみないと何ともいえないよな。

2005年12月18日

今日の練習曲

  • Ubi Caritas et Amor(Morten Lauridsen作曲)

この曲の練習の2回目である。指揮のK氏が諸般の事情で来られなくなったので、自主練習と言うところか。 1ヶ月経っていると忘れている部分も多く、再び譜読みから。何度か歌っていると徐々に思い出してきた。

歌詞付けは前半のみで、後半はまだ譜読みまたは母音唱状態。1月の録音に間に合うかな?

2005年12月19日

今日の練習曲

  • The symphony No.9(L.V.Beethoven作曲)

今シーズン初練習である。練習自体は「実は」4回目だったりするのだが、仕事の都合で出席できなかった。 今日はステージ練習ということもあり、万難を排して参加したかったのだ。

気合いを入れて定時後すぐに会社を出発すると、練習時間は19時だったりして、早く着きすぎてしまった。どうも、 練習パターンに慣れていないのが見え見えである(^_^;)。

久々の練習だったが、何度もステージに乗せたことがある曲は忘れてはいない。もちろん、頭では覚えていても、 身体がついて行かないところはいくつかある。体力のいる曲だから仕方がないことだが。

本番は今週末。からだを曲になじませておかなくては。イメージトレーニングの季節である。

2005年12月20日

子供に対する犯行(BlogPet)

きのう、ここまで協力したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

この冬一番の寒さ

昨日は、名古屋では58年ぶりの大雪で23センチの積雪があったらしい。今朝は思いっきり冷え込んで、道路が凍てついている。 通勤電車もちょっと遅れていたようだ。

寒波には都会は弱くできている。交通機関は雪が降ると麻痺してしまうといえよう。今朝は単なる凍てつきだから、 電車は走っていたけれども。駅までは自転車だから、いつものようにスピードは出せないから、慎重に走る。滑ると言うことを意識していない 「暴走」は危険だからね。余裕を持って出勤しているから、なんとかなるのだが、ぎりぎりだとこういうときに事故に遭うかもしれない。 冬は危険な季節である。

2005年12月21日

自転車のパンク

気がつけば自転車の前輪がパンクしていた。2年ほど前の骨折は、自転車のパンクが遠因だった。あのときパンクしていなければ…。

というわけで、娘の自転車を借りて通勤である。新しい自転車だから、ブレーキが効かないと言うことはないのだ。大丈夫である。 凍ってなければ。たぶん。

2005年12月22日

吹雪の中の出勤

家を出たときはまだそれほどでもなかったが、駅から会社までの間は、神戸とは思えないくらいの吹雪だった。 日本海側のどこかの町に迷い込んだみたい。道にはうっすらと雪が降り積もり、名古屋みたいに積もったら大変だなと心配になった。 午前中はずっと降り続いていたようだが、さすがに昼間の降雪では積もるまでには行かなかったようだ。

それでも、道路では雪によるスリップで事故があったようで、何人かが渋滞で遅刻をした気配である。

今日のSPAM

一連のSPAMが治まったかに見えたが、今日もまとめて36個のコメントSPAMが。早くバージョンアップしろと言うことだろうな。 この年末年始に何とかしなくては。うむ。

60.237.73.31
61.249.204.68
80.108.20.12
195.175.37.9
200.47.33.243
200.75.131.58
200.81.94.59
200.216.61.154
202.138.141.46
203.106.246.126
207.195.243.193
210.183.131.4
211.219.169.40
211.141.77.186
211.250.80.2
216.223.54.225
221.3.235.96
222.100.112.115
222.121.207.154

今日の練習曲

  • The symphony No.9(L.V.Beethoven作曲)

前日練習は、指揮者の秋山氏によるものだった。きっちりした指揮ぶりから、端正な音楽が感じられる。 はもーるのS氏の咆哮がちょっと気になったが、今日のうちにガスを抜いておいた方がよいだろうと判断して、あまり細かいことは言わなかった。 もちろん、秋山氏の指摘は受けていたのだが。

1時間程度で今日の練習は終わり。第九の練習ともなればあまり細かいことは言わないものだ。

阪大と大阪外大統合のニュースちょっとびっくりする。どちらの特長をも生かした大学になってほしいと思う。

2005年12月23日

納車の準備

明日の納車に備えて、現在取り付けているナビをはずして、車を購入したときについていたオーディオに戻す。 外したナビは自分が設計に携わっていたものだから感慨深い。引き取り手も決まっているので、 CDナビではあるがまだまだ現役で働いてくれよう。

何度か付けたり外したりしているので、オーディオ周りの工事は簡単に片が付いた。最初に取り付けようとしたときは、 どういう順番で外して行っていいかわからなかったから、大変だったことを思い出した。

1時間足らずで一通りの作業を完了した。あとは明日の納車を待つのみである。

こくさいホールの第九

The symphony No.9(L.V.Beethoven作曲)

仕事の関係で3年ぶりの国際会館の第九ステージである。秋山氏の端正な指揮は、気品のある第九の演奏を引き出している。 練習では音程の怪しかった合唱団も、そんな氏の雰囲気に感じたのか、なかなか反応が良かったように思う。ホールは3階席まで満席で、 聴衆の期待にも応えられたかと思う。

演奏後は、いつものごとくはもーるメンバで懇親会。ビール3杯に、梅酒ロック3杯で、ちょっと飲み過ぎたかも。

指揮:秋山和慶
ソプラノ:老田裕子、メゾ・ソプラノ:福原寿美枝、テノール:若本明志、バリトン:津國直樹
大阪フィルハーモニー交響楽団
神戸国際会館こくさいホール

いい加減にやめたいSPAMの話題

今日も20個のSPAMがやってきた。しつこいというか何というか。

82.77.126.147
163.30.98.129
202.58.86.3
202.58.85.4
203.160.1.44
207.179.146.70
207.195.240.164
210.87.251.42
219.93.174.100

2005年12月24日

カルディナさんお疲れ様

 cardina 1993年より乗っていたカルディナとも今日でお別れである。

新車を取りに行ったのだが、出発前に記念写真を撮っておいた。12年間も乗ったのだから、なんか感慨深い。

この車を買ったのは、上の子が生まれて2ヶ月の時だった。買った年は実家と何度も往復したことを思い出す。 運転手席の後ろが娘と妻の指定席だったな。

一番遠くまでドライブしたのは、蓼科に行った時だったか。これは1995年だったと思う。最近はもっぱらお買い物車& 帰省用の移動しかしていなかったかも。

まだまだ走りは大丈夫なのだが、カーディーラ周りをした目で見ると、やっぱり10年以上前の車で古くなっているのね。とにかく、 12年間、無事故の付き合い、ありがとう。

クリスマスパーティ

  • Joy to the world
  • 河面の光浴びて(黒人霊歌)
  • 最上川舟歌(清水脩作曲、山形県民謡)
  • Silent Night

年末の最後の練習日は、総会とクリスマスパーティが行われる。一年のまとめの一日となるのだ。日頃は練習後の飲み会に参加しなくて、 あまり会話しないようなメンバとも親しくなるチャンスである。ここ数年は新しく入団したメンバも多いので、こういうときに覚えておかないと、 また一年間は覚えられない可能性があるのだ(^_^;)。

S画伯の名(迷)画を楽しむコーナーとか、ジェスチャーゲームとか、普段見られないメンバの姿を楽しむことができたといえよう。

2005年12月25日

イプサムの乗り心地

ipsum2新車のイプサムに乗って買い物に行く。思っていた以上に快適な乗り心地で、 新車にして良かったと思う。

10年も経って新しい車に乗ると、いろいろと技術の進歩を感じるものである。カルディナの頃はエアバッグは運転席だけだったし、 ABSはオプションだった。今や、助手席エアバッグは当たり前で、ABSも標準装備であった。さらには、 (グレードによるのだが)イモビライザも標準装備であった。

 

 ipsum1

 

ミニバンになって運転の際の視線が高くなったので、快適な周りの様子もよく見えて、 余裕を持って運転できる。  年末年始、帰省の際も気分よく走れそうである。 

 

 

2005年12月26日

またしても鉄道事故

ニュースによれば、特急いなほが脱線して死者4名が出ているという。尼崎の事故といい、 多数の死者が出る事故が1年のうちに何度も起こるというのは聞いたことがない。風で特急が脱線するようなことが起こるなんて、 それほどまでに車両の軽量化が進んでいるのだろうか。

今回も先頭車両にいる人が多く被害に遭っているという。やはり先頭車両には乗らない方がいいのか? どなたか、 専門家が詳細に解析してほしいし、先頭車両であっても、被害が最小限になるような策を講じてほしい。

2005年12月27日

SPAMは続く(BlogPet)

毎日の投稿がこれになっちゃう
毎日、早くバージョンアップとかを投稿しなかったの?
今日は、広いバージョンアップなどなっちゃう
毎日は、広いバージョンアップとかしないと
毎日、早くバージョンアップと早くバージョンアップとかを投稿がこれになっちゃう
毎日、早くバージョンアップと、大きいバージョンアップを退治しなかったの?
と、さんちゃんは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

いなほの事故続報

いなほの事故は、通常の横風であおられたと言うよりは、土手の斜面に沿って吹き上がった風を受けて、 車両が持ち上がったと言うことらしい。100キロ程度の車両速度との相乗効果で、 それほど強い風でなくても車両が浮き上がってしまうこともあるという。風に対する基準の見直しが必要であろうと言うことだ。

年賀状の印刷は、まだデザインすらできていない。この調子では、明日の夜にするしかないという感じだ。まあ、 帰省までに済ませれば良いと開き直ろう。

2005年12月28日

今年の散財納め

最終日ということで、大掃除をして、やや早い時間で帰途につく。帰途といっても、 年末で期限に切れるポイントを使いに梅田のヨドバシまで買い物に行くのだが。目的はそろそろバッテリの保ちも悪くなってきた携帯電話である。

ポイントがあるので何を選んだにしてもお金はいらない。30分くらい検討した末に、最新のFOMA機を購入することにした。 これまでF503を使っていたので、別に指紋認証に惹かれたわけではないがF902にする。まあ最新機を使うことで、 時代を感じようと言うところだ。

購入してすぐにちょっと使ってみようとするが、機能が多くてよくわからないというのが正直な感想である。 数日使ってみないと機能が何があるのかさえわからないだろう。

帰宅をすると、先日購入した地デジ対応のテレビが届いていた。32型の画面は、ほんの少しとはいえ、前よりは「大画面」である。 映像も、地デジだと格段にきれいである。やはり、デジタル機を買って良かった。

2005年12月29日

年賀状と帰省

昨日のうちに作成しておいたデザインをもとに年賀状の印刷である。今回のコンセプトは新聞の元日号である。2005年10大ニュース。 各人の抱負(といえるのか?)という風に、ほとんどが文字で埋め尽くされている。まあ、 一言を書き込まなくても良いという副次的効果もあろう。

昼過ぎというよりは夕方近くまでかかって印刷を終え、帰省の途につく。途中で交通事故が起こったのか、 播但有料の2区間通行止めの影響を受け、1時間近く余分の時間がかかってしまった。

実家方面は思ったよりも大雪で、タイヤチェーンのない私はちょっと不安だったが、道路上には積もってなくて、 無事に実家までたどり着いた。

デリス・ド・ブルゴーニュ

deliceDeBourbogne フランス・ブルゴーニュの牛乳製白カビチーズとともに、ボージョレーヌーボーを飲む。 マリアージュは気にしていない取り合わせであったが、軽めのワインとこのチーズは合うような気がした。

バターのようにクリームの多いチーズである。パンに塗って食べてもおいしいのではないかな。調子に乗ってたくさん食べたら、 ちょっとおなかに重かった。

2005年12月30日

フルロン・ド・ブリュージュ

flouron 昨日に引き続き、ワインとともにチーズを楽しむ。今日のチーズはベルギー産のウォッシュチーズ。 ウォッシュとはいえ、軽めの味わいで初心者向きの味である。

モチモチした食感は、タレッジョとかショームのようなイメージかな。

これで本当の散財納め

今日は朝から、雪明けである。というのは、車をおいているスペースは、わずか一台の車がおけるスペースしか雪あけをしていないのだ。 弟の車も置かないといけないから、あと一台分のスペースを確保しないといけないのだ。

午前中に約2時間を、ひたすら雪あけである。降ったあとで固まった雪は結構重く、普段そういう運動をしていない身体には、 ちょっと重労働だったといえようか。明日、あらだが痛くなっていないことを祈ろう。

午後は、実家の食器乾燥機が壊れたというので、食器洗い・乾燥機を購入した。水の使用量も少なくなるから、 結果的に安い買い物になるであろう。

2005年12月31日

Movable Type 3.2に更新

SPAM攻撃に辟易したというのではないが、毎日10を下らないコメントSPAMを受けるとうんざりするのは確かだ。 先人の更新記録を読みながら、当方の設定変更を行ったのだ。

前のバージョンの残滓があるといけないので、旧ディレクトリをリネームした後にシンボリックリンクを張って通常運用にした後に、 別ディレクトリに展開設定する。設定変更が完了してから、リンクを新しい方に張り直すという方法をとった。

まずは現在のDBのバックアップをとる。バークレイDBの場合は単にDBディレクトリのコピーをとるだけでよいので簡単である。 つまり、新ディレクトリにコピーで持ってくればよいのである。楽勝だった。

configファイルを以前の設定を参考にしながら書き換えて、 新ディレクトリのindex.htmlをブラウザで表示してやればよい。設定完了画面から、次はデータベースのアップデートにうつる。 ここでwebブラウザがoperaだったことにやられてしまった。アップデートが終了しなかったのだ。どうも、 javascriptが動作していなかったようである。IEで実行すると無事に完了した。

テンプレートをデフォルト状態のまま、とりあえずは更新が完了したのだった。

StyleCatcher plugin設定にはまる

こちらもいろいろなサイトを参考にして設定する。ところが、

Please configure the settings for this plugin before using it.

のエラーが直らない。おかしいなあ、設定をきちんとしているのに。”Please configure the settings" "StyleCatcher" "インストール"をキーワードにググってみたのは格闘してから4時間後だった。 そして見つけたのがこのサイトの記事。 ようするにバグっぽいじゃない。

とにかく、使えるようになって良かった。

About 2005年12月

2005年12月にブログ「Let's sing until tomorrow morning - Agesan's chorus blog -」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36