« 2006年08月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月 アーカイブ

2006年09月07日

合唱講習会(BlogPet)

きょうさんちゃんは全員とか発声したいです。
一方ここにあげさんとコンクールへ到着したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

2006年09月09日

混声合唱団はもーるKOBE第27回コンサート

  • うたごえひびけ(森田二郎作詩、Hansruedi Willisegger作曲)
  • おお雲雀(高野辰之訳詞、Felix Mendelssohn Bartholdy作曲)
  • 羊飼の歌(津川主一訳詞、Felix Mendelssohn Bartholdy作曲)
  • 狩猟の歌(津川主一作詞、Felix Mendelssohn Bartholdy作曲)
  • Der dreiundvierzigste Psalm "Richte mich, Gott"(中村仁策訳詞、 Felix Mendelssohn Bartholdy作曲)
  • 歌の翼に(Heine作詩、門馬直衛訳詞、Felix Mendelssohn Bartholdy作曲、 中村仁策編曲)
  • Ave verum corpus(William Byrd作曲)
  • O magnum mysterium(William Byrd作曲)
  • O sacrum convivium(Gabriel Jackson作曲)
  • Magnificat(Giles Swayne作曲)
  • てぃんぐさぬ花(沖縄県民謡、瑞慶覧尚子編曲)
  • 涙そうそう(森山良子作詞、BEGIN作曲)
  • 花(喜納昌吉作詩・作曲、平林陽編曲)
  • 島唄(宮沢和史作詩・作曲、信長貴富編曲)
  • 谷茶前-舞踊曲-(瑞慶覧尚子作曲)
  • Aba po, Santa Mariang Reyna(Ryan Cayabyab作曲)
  • Anima Christi(Ryan Cayabyab作曲)
  • Ilay-Gandangan(Radolfo Delarmente作曲)
  • O magnum mysterium(Morten Lauridsen作曲)
  • 混声合唱とピアノのための「初心のうた」より、とむらいのあとは(木島始作詩、信長貴富作曲)

ロビーコールにて

  • 河面にひかりあせて
  • サリー・マライズ(森田久雄作詩、中村仁策編曲、オランダ民謡)

レセプション(^_^;)にて

  • 遙かな友に(磯部俶作詩・作曲)(指揮:藤井宏樹)

指揮:藤井宏樹(客演)、平田勝、森田二郎、岸本雅弘、平林陽
混声合唱団はもーるKOBE
西宮市民会館アミティホール

2年ぶりの企画ステージでは、三線や太鼓、踊りを交えて、沖縄の音楽を楽しんでもらえたのではないでしょうか。 最終ステージにはフィリピンの作曲家を取り上げ、アジアの中の音楽と側面でもコンサートを聴いていただけたかも。

客演に藤井宏樹氏に指揮していただいたのも大きな収穫でしょう。ほとんど拍の動きのないバトンで歌うというのは、 ものすごい緊張感でした。合唱の専門家ではない妻にも、そういうのが伝わったようなことを言っていました。

今回のコンサートの出来をひとことで言えば「パッションの不足」といえましょう。良きにつけ悪しにつけ、 おとなしいはもーるのメンバですが、そういう深いところで色々と変化を起こさねばならない時期にあるようです。さて、 一ヶ月後のコンクールに向けて、どれだけ変わっていけるか。いたみホールでお会いしたときのはもーるの変わり具合に期待下さい(笑)。

2006年09月14日

一年ぶりの更新(BlogPet)

今日、ネットで広いさんとかをリンクしないよ♪
さんちゃんは、ネットでイベントを
練習したかった
イベントをリンクしている曲のうたリンク
2004年に歌った曲

気がつくと、大きいイベントをリンクしたかった
と、あげさんが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

2006年09月16日

下の娘の運動会

天気予報は午後から雨。午前中の降雨確率は50%。朝の8時頃には雨がぱらついた天候。 そんな状態で本当に運動会ができるのか心配したが、10時過ぎに少しの雨があったものの、午後には強い日差しになったりして、 無事に最後までプログラムは進行した。

上の娘の時は、毎年のように雨が降っていたものだが、下の方は晴女なのか、延期になったことがないような気がする。 今回は台風が近づいてくる中での日程だっただけに、順延を覚悟していたのだが。

娘の学年演技は棒引きとリレー、そして綱引きである。棒引きは組み合わせの相手に力持ちがいて、練習の時から毎回完敗。 本番も当然のごとく負け。リレーはいつもは5組中ビリだったのが、本番は4位になったようだ。本人もがんばって走っていたようだ。 綱引きは2回戦戦って両方とも勝ち。紅白の総合点も、娘の紅組が勝ったようで、運動会を十分楽しんだようだ。

プログラム

  1. 開会式
  2. 全校体操(全校生)
  3. かけっこ(2年)
  4. イッチ!ニ! イッチ!ニ!(5年)…4人5脚
  5. かけっこ(1年)
  6. 棒引き(4年)
  7. リレー(6年)
  8. 落とすな! コロコロボール(3年)
  9. リレー(5年)
  10. みんなではばたん 1・2・3♪(2年)…はばたんの衣装でダンス
  11. リレー(4年)
  12. ころがれ、ゴーゴーgo!(1年)…大玉転がし
  13. リレー(3年)
  14. 組体操~飛び散る汗!心をつないで(6年)
  15. 応援合戦(全校生)
  16. 大玉運び(全校生)
  17. 綱引き(3・4年)
  18. 玉入れ(1・2年)
  19. 騎馬戦(5・6年)
  20. 閉会式

今日の練習曲

  • 混声合唱とピアノのための「初心のうた」より、とむらいのあとは(木島始作詩、信長貴富作曲)
  • Aba po, Santa Mariang Reyna(Ryan Cayabyab作曲)

いよいよ、コンクールに向けた練習が始まる。例年よりも一週間コンサートが遅かったので、練習期間も短くなるが、 綿密な練習で乗り切ろう。

コンサートを聞いて色々な方々から言われたことだが、やはり歌い手の思いが声に乗っていないことが最大の課題である。今日の練習でも、 その辺を痛感する形となった。技術的なこと以前に、歌に対する一人一人の思いが希薄なのが、 ハーモニーや音の強弱にもあらわれてきているなあ。

かなり細かいところまでつっこんだ練習をして、練習の終わり頃には少しはまともな音楽が歌えるようになっただろうか。

あと3回の練習でコンクール当日である。同じようなコメントを言われないように、 思いを込めた表現ができるように練習を進めていきたいな。

2006年09月21日

に関する(BlogPet)

きょうは、さんちゃんが俳句を詠んでみようと思うの

 「あのうたは 更新すなる に関する」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

2006年09月28日

Omagnummysterium(BlogPet)

ヶ月後のコンクールに向けて、沖縄で宮沢和史や
ものすごい踊りとか、広い
うたごえひびけ(森田二郎、岸本雅弘、平林陽編曲)
Omagnummysterium(WilliamByrd作曲)

ロビーコールにて

遙か専門と、ない津川主一作詞、BEGIN作曲)
おお雲雀(指揮:
藤井宏樹

指揮:
藤井宏樹(客演)、平田勝、森田二郎、コンクールをdreiundvierzigsteしなかったときのは、
と、あげさんが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「さんちゃん」が書きました。

About 2006年09月

2006年09月にブログ「Let's sing until tomorrow morning - Agesan's chorus blog -」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年08月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36