« 全日本合唱コンクール大学の部Aグループ・その2 | メイン | 寒い一日 »

神戸での全国大会打ち上げ

熊本での打ち上げ参加できなかった人が多いというのもあって、練習にかわって神戸での打ち上げが行われた。 スペシャルゲストに信長貴富氏をお迎えして、神戸大学混声合唱団アポロンの技術系メンバを中心とした何人かもフューチャーして、 盛り上がった宴会となった。信長氏の指揮で「とむらいのあとは」を歌うという、おいしい企画(?!)もあったりして、 本当に楽しい宴会であった。

二次会は、信長氏を囲んで濃い面々が集ったような。三次会にも信長氏は参加。カラオケでの美声を響かせる氏の姿など、 濃密なひとときであった。

そうそう、歌った曲は次の3曲。

  • 混声合唱とピアノのための「初心のうた」より、とむらいのあとは(木島始作詩、信長貴富作曲)
  • サリー・マライズ(森田久雄作詩、中村仁策編曲、オランダ民謡)
  • 河面にひかりあせて

がんこ寿司・三宮寿司店
指揮:信長貴富、岸本雅弘

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://49.212.76.105/blog3.3/mt-tb.cgi/700

コメント

お久しぶりです。
なつかしい名前が出てきたので反応しました。

神戸大学混声合唱団アポロンは、大学1年のとき(何年前かは
かぞえないこと(笑))の演奏旅行で賛助出演していただいた
思い出があります。
たしか、芦屋ともう1箇所でやったんですが忘れました(^^;)。

どういう繋がりですか?
(団員の中にアポロンの学生が?)

>>けんけんさん
ウチの指揮者が、今年アポロンで客演をするものでね。
というのもありますが、そこのOBがいたり、共に灘区の合唱団なので、何かと交流があるのです。

コメントを投稿