« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月 アーカイブ

2007年07月01日

ゲルマン国立博物館

自転車に乗ってツェントルムまで行き、市内観光である。まずはゲルマン国立博物館にいく。場所は、Kartäusergasse 1, 90402 Nürnbergで、オペラハウスの道を挟んで北側になる。

自転車を建物の隣に適当に置いていざ中へ。ぱっと見にはどこから入るのか分からなかったが、この写真のところが入り口だった。日本の博物館みたいにいっぱいの観光客がいるというわけでなく。ひっそりとしていて気がつかないね。

さて、中にはいると、「国立博物館」だけあって様々なものが収集されている。特にキリスト教関係のものがたくさんあったような気がする。キリストの磔像のリアルさやマリア像の慈しみの姿。日本でちらりと見るそれらの展示に比べて、これでもかといわんばかりの展示である。

ここに展示されているのはいわゆる棺桶のふたである。こう書くとおどろおどろしいが、墓標と書けばヨーロッパらしいかな。生前の人となりが分かるよう色々と書かれている(と思う)。

ここの博物館には古楽器コーナーもありました。浜松の楽器博物館に行ったことがある方、雰囲気が似ているでしょ?

このコーナーは、昔のニュルンベルク付近の生活の様子だったかなあ。そんな感じ。

飲まず食わずで2時間歩き回ったら疲れ果てた。あまりに疲れたので、特別展示のコーナーはパスした。

このあと、マクドでハンバーガーとビールで昼食をとって、さらに歩き回ったが、今日の分はこの辺で。続きはまた明日。

2007年07月02日

カイザーブルク

昨日の続きです。マクドのあと、ツェントルムの北側にあるカイザーブルク(宮殿)に徒歩で向かいます。場所はAuf der Burg 13, 90403 Nurembergです。

この看板は、カイザーブルクの西側の端にあったものを撮影しています。他のところにあるのかどうかは知りませんが。ここから北側の通路から庭へと抜けます。

この二つの写真は庭のところで撮影したもの。博物館と違ってここには観光客がたくさんいました。ここはニュルンベルク一番の観光スポットですからね。ニュルンベルクを見渡すにもちょうど良い場所でもありますし。のんびり散歩をするにも悪くありません。

宮殿に沿ってぐるっと回ります。中に入るには入場料がいるんだったかな。時間も遅かったので入りませんでしたが。

宮殿からの景色はいいですね。ニュルンベルクにお越しの際は、まずはこちらへどうぞ。

2007年07月03日

ドイツ風夕食(BlogPet)

よろしいかもレストランなどを保存したかったものを
レストランを設備しなかった
今朝、部屋を調理しなかったものを食べるらしい


*このエントリは、ブログペットの「さんちゃん」が書きました。

ドイツの時間感覚

こちらに来るまでのドイツに関する印象といえば、ヨーロッパの工業国の一つで何事につけてもてきぱきとする民族。そんな風に思っていたのだが、実際に生活をしてみると違うということが分かってきた。

まず、レストランで何かを注文すれば、20分くらい待たせるのは当たり前。大体注文を取りに来るのも遅いと来ている。日本ならば商売になりませんというレベル。こちらの人々はそれで平然としているのだから、平均レベルのサービスなんでしょうねえ。

また、エレベータのスピードも荷物用のエレベータ並に遅いですね。おまけに「閉じる」ボタンはないわ、上向き、下向きの区別無く押す人々。遅いエレベータの不便さを加速することこの上なし。てきぱきとはほど遠い世界です。

いやはや、生活してみないと分からんもんだね。

2007年07月04日

ニュルンベルクの日本料理店

先日行ったエアランゲンの日本料理店HARUと同じ経営でニュルンベルクにある同名のHARU(Schnieglinger Straße 11, 90419 Nürnberg)にて昼食をとる。Fさんが週末まで出張で留守にするのでと昼食に誘ってくれたのだ。

トンカツに納豆、みそ汁と日本の定食屋さんみたい。普通のお客さんには寿司屋さんなので、こういうメニューが出ないらしいのですが、日本人常連さんの特権なんでしょうか。

というわけで、時折食べる日本料理で、今のところ食い物で困ってない状況ですね。

2007年07月05日

今日のビール

今日のビールはこれ。ルフトハンザに乗ってドイツビールと頼めばこれが出てきます。機内では330mlですが、500mlのを買ってきました。

乾杯!

2007年07月06日

昼下がりの風景

昼食後、職場付近を散歩中に撮影した風景。日本と違い、自然が多く健康的でしょ?

2007年07月07日

ロマンティック街道日帰り紀行(アウグスブルク)

今日は一日でロマンティック街道の表面をたどる。駐在員Fさんが朝8時半にホテルにピックアップに。往復約700kmのドライブである。行きはできるだけ下道を走り、帰路はアウトバーンで一気に帰るという作戦で出発した。

最初に訪れた街はアウグスブルク。ニュルンベルクから南に100キロ、ミュンヘンから西北西に50キロの位置にあたる。人口25万人のロマンティック街道では一番大きな街である。公式webページには日本語ページもあるようですね。

街中にはいると景色はこんな感じで、それまでの田舎道から都会の装いになる。まずは観光名所の大聖堂へ(教会のページ)。場所は市の中心より数百メートル北側のFrauentorstrasse 1です。教会前の道路に駐車して観光モードに入ります。

青空を背景に教会の美しい建物が映え、なかなか良い雰囲気です。9世紀に作られたこの教会は、内部に美しいステンドグラスを持ち、古いものは12世紀頃に作られた世界最古の部類になるようです。

中に入ってみると、この日の夕方に行われるオルガンコンサートの練習が行われているようでした。練習とは言いながら、無料で美しいオルガンの音を聞けたのはラッキーでしたね。

教会をあとにして、今度は市の中心へ。時間は10時過ぎで小腹が空いてくる時間です。F氏は朝食をとっていないというのもあり、広場で何かを食べることにしました。

市庁舎(Rathaus(Rathausplatz, 86150  Augsburg))は、建築家エリアス・ホルによって1615-1620年に建築され、北部アルプス地方のルネサンス建徳の最高傑作の一つなんだそうです。

ドイツの街は割とどこでも同じような感じなんだそうですが、中心部に市庁舎や教会があって、その前の広場でこうしてオープンスペースで食事ができるようになってます。夏場はここでビールを飲んでいる人々が多くいます。せっかくなので、ソーセージとバイツェンで軽食。ビール付きでどこが軽食だという突っ込みは却下です。トイレに行ってる間に、地元の70歳位のおじいさんがなぜか同席するという展開に。彼は中学生時代(?)に習った単語レベルの英語。こちらはさらにpoorなドイツ語で、とにかく乾杯を言い合う程度の会話でしたが、何となくコミュニケーションができた積もりになって。別れ際に、「会えて嬉しかった、ありがとう」と言ってはりました。こういう触れあいも旅の醍醐味です。

このあと、一路ノイシュバンシュタイン城に向かいますが、続きはまた。

2007年07月08日

自転車でちょっと運動

ロマンティック街道紀行の続きもありますが、今日の話を先に。

昨日の疲れはそれほどではないが、夕方までは細々としたコトをゴソゴソ。16時過ぎになって自転車で出かけることにした。Doku-zentrumまでの道の下調べである。普通の観光客ならばトラムに乗って Doku-Zentrum(地図はリンク参照)まで行けば目の前である。

地図を見てもらえば分かるが、楕円形の建物が半分ほどできあがったところで建築が止まっている。この地にナチが国会議事堂を建てようとして半分までできたところで中断したということらしい。

池を挟んで東側には、ナチ党大会が行われヒトラーが演説したツェッペリンフェルトも残っている。その南側にはドイツW杯で日本が戦ったサッカー場もある。この地にくることで、一気に身近な場所になったといえよう。

今日は外側からだけ、また夏休みにでもじっくり訪ねてこよう。

2007年07月09日

ロマンチック街道日帰り紀行(ノイシュバンシュタイン城)

一昨日の続きです。

アウグスブルクを出てノイシュバンシュタイン城に向かいます。こんな感じの田舎道を進んでいきます。

フッセンの町には立ち寄らず、フォルッゲン湖のところから直接城の方へ。途中、聖コロマン教会が見えてきました(Colomanstraße, 87645 Schwangau)。

近づいてみると、婚礼が始まるところなんでしょうか。バイエルンの民族衣装を着た人々が教会前に集まっています。馬車もいたりして、これが一般的なこの地方の婚礼なんでしょうかね。

何気ない教会なんですが、中は壁画が描かれて明るい雰囲気です。こんなところで結婚式なんていいですねえ。

教会をあとにして進むと、このように城が見えています。この城がわずか150年くらい前に建てられたなんて、世界史に明るくない私にとっては不思議な感覚です。

時間はちょうどお昼時、城に向かう前に腹ごしらえです。昼食にビーフの小振りステーキとポテト。もちろん飲み物はビールで、ケーニッヒ・ルートヴィヒという名前の地物らしいものを注文。黒ビールで癖はあるけど美味でした。

腹ごなしにと、ルートヴィッヒ2世の父親のマクシミリアン2世の再建したホーエンシュヴァンガウ城に登ります。もともと、この地シュバンガウ地方の領主の住まいだったこの城は、持ち主が何度も変わり荒れ果てていたようです。それを買い取ってネオゴシック様式に改修したんですね。ちなみに、中に入るには駐車場付近のチケットセンターで入場券を買っておかないといけません。我々は入るつもりはなかったので買わずに登ったんですが、わざわざ登って入れないという事態にならないように注意が必要です。

ホーエンシュヴァンガウから見た、ノイシュヴァンシュタイ城です。

ノイシュヴァンシュタイン城(Neuschwansteinstraße, 87645 Schwangau)を外から眺めるには、城の裏手にあるマリエン橋がおすすめです。実際、多くの観光客でひしめいていました。日本人もたくさんいて、大阪弁でしゃべっているおばちゃんの声を聞いてなぜかほっとしました。ちなみに、冬場は(一応)橋は通行止めになっていますが、At Your Own Riskで行くには問題はありません。

ここが城に行くのと橋に行くのとの分岐点。ここまでは下からバスで登れるんですね。ちなみにバス料金は往復で2.6ユーロでした。

今日の旅行記はここまで。

2007年07月10日

あげさんが(BlogPet)

近くのスーパーでハムとチーズ、ピクルスを買ってきて
あげさんが、チーズも1個=
0.5~1ユーロとメインだけで10ユーロ以上だから、ドイツを一緒しなかった?


*このエントリは、ブログペットの「さんちゃん」が書きました。

ロマンティック街道日帰り紀行(ヴィース教会)

土曜日の話の続きです。

ノイシュヴァンシュタイン城から世界遺産のヴィース教会に向かいます。ナビにまかせて走ったので、どうやらメインの観光道路ではなく裏道をたどった模様。このようにのどかな風景です。

そして、草原の中に立つ教会が目の前に現れた(Wies 12, 86989 Steingaden-Wies)。緑の中の白い壁の教会は確かに美しい。でも普通の教会に見えたのだった。入り口に向かう小道にはこんなかわいらしい看板が。観光地らしくはありません。

あまり期待せずに建物の中に入って、鮮やかな装飾に彩られた壁。確かに美しい。そこで日常のように結婚式が行われている。その辺が素晴らしいですね。

祭壇に安置されている「むち打たれるキリスト像」が涙を流す奇跡を起こしたとされる。この像のためにヴィース教会は建てられたのである。

そんな蘊蓄なんてどうでも良くて、なかにいるだけで幸せな気分になりました。

帰りはアウトバーンを一気に走ってニュルンベルクへ。夕食は寿司レストラン「大阪」でなんちゃって日本食を食べて今日一日を閉めます。焼きうどん、意外とうまかったです。

2007年07月11日

ドイツの洗濯機の謎

週に一回は選択しないと着るものが無くなってしまう。下着をもう少し持ってくるんだったと思っても後の祭り。とにかく、毎週コインランドリーに通わねばならない。

前回何とかなったので、今回は問題が発生しないはずだったのだが…。

問題というのは、洗剤を2回分出してしまったということ。洗濯機を選んだあとにボタンが点滅したから、ついそれを押すと洗剤が出てきたというわけ。もう、すでに洗剤は持っているよ。。。。

まだまだ謎の多い機械である。

2007年07月12日

週末の計画

月曜日も休みなので、どこか遠くに出かけようか。チェコに友人が単身赴任しているのを思い出して連絡を取るも、今週末は予定がある様子。職場の人々に色々と聞いてみると、せっかくだからベルリンに行ってみたらと言う。Mさんに切符の買い方を教えてもらって計画を立てる。

  • Nürnberg Hbf 09:40 --> Berlin Hbf (tief) 14:06
  • Berlin Hbf (tief) 12:57 --> Nürnberg Hbf 17:25

なんて感じで行くのがちょうど良いかな。土曜出発の月曜帰宅。ベルリンの宿は1泊50ユーロで確保。よしよし。明日にでもICEの切符を買ってこよう。

夕食はホテルで粗食。このビールは今日飲んだもの。weissbier(バイツェン)も瓶ビールとして売っています。はい。

2007年07月13日

日本料理店

今日の夕食はエアランゲンにある、とある寿司屋さん。19時までにたどり着けば安く食べられるんだったかな。どうです? おいしそうでしょ?

おいしかったけど、ちょっと量が多かったかな。

2007年07月21日

ミュンヘン半日紀行

駐在員Tさんご夫妻に案内してもらって、半日のミュンヘン行き。彼らは日本食材の買い出しを兼ねてということらしい。なんせ、ニュルンベルクにはそんな場所はありませんので。

午後1時頃にホテルを出発し、ミュンヘン到着が2時過ぎ。アウトバーンを使えば1時間くらいで着いてしまうくらいの距離。感覚的には神戸から大阪までお買い物という感じですか。距離はもっとありますけれども。

まずは日本食材の買い物からというわけで、行きつけ(?)のお店へ。

ごらんの通り、小さい店内ながら、日本食材が並びます。値段的には日本の価格を2倍にした数字がEuroで書かれています。円安の昨今はそれの1.6倍ですから3倍くらいの円換算の値段になりますね。外国で暮らすというのはそういうことなんです。

買い物が済んで、観光モードの始まり。Tさんらも行ったことがないというのでレジデンツに行くことにしました。googleの地図の位置の矢印に北側の建物です。本当は博物館(レジデンツ)と宝物館と両方を見て回ろうかと行ってたんですが、時間の関係でレジデンツだけということになりました(チケットのところで、この時間からだとレジデンツだけにした方が良いと言われた)。

建物自体は第2次世界大戦の爆撃で破壊されて修復されたものですが、所蔵品は疎開されていて無事だったようです。壁や天井の絵画もきちんと修復されています。もっとも、年月のうちに消えてしまっているものもあるわけで、それらがあったときにはどのような部屋だったのかが気にはなりますね。

オーディオガイドの案内を聞きながら宮殿を見て回ります(ちなみに、ガイドは英語とドイツ語しかありません)。建物の雰囲気は、オーストリアのシェーンブルク宮殿と似ていると言ったら「違う!」といわれるかなあ。でも、全体的な作りは似ていると思いました。時間が無くてじっくり見られなかったのがちょっと残念かも。2時間では物足りなかったですね。

閉館時間の6時にレジデンツを出て、隣にあるテアティーナ教会に入ってみました。ちょうど夕方のミサの最中で、何かしらの祈りの言葉と聖歌を歌ってらっしゃいました。日常の祈りでも美しい音楽が教会に響いている、これがヨーロッパの音楽の源泉なんだなと感じました。言葉はラテン語のように聞こえたのですが、ミサのあとで聖歌集を見るとドイツ語の言葉になっていました。

夕食はTさん夫妻の希望で日本食。ニュルンベルクでは食べられない安価な和食にすることにしました。場所がうろ覚えだということでさまようこと30分くらい。何とかおぼろげな記憶でたどり着くことができました。

にぎり寿司1貫が1ユーロという安価で、それなりにおいしい寿司が食べられました。SUSHI SANO(佐野)という和食レストランをお試しあれ。場所はJosephspitalstraße 4, 80331 Münchenです。

帰ろうとしたらものすごい雨、結局ニュルンベルクにたどり着くまで、豪雨の中のドライブとなりました。

2007年07月23日

スペイン料理レストラン

今日はご飯が食べたいという駐在員F氏の希望に応えて(って、私が連れて行ってもらうのだが)、スペイン料理を食べに行く。かすかな記憶を頼りに車で向かうが、どうも違うらしい。近くまでは来ているはずなのだが。電話で知り合いに尋ねてツメの方向が違っていることが判明、30分のロスタイムでたどり着いた。

お店の名前はEL TORERO、場所はHinntermayrstarasse 2である。

さて、スペイン料理といえばやはりパエーリャ。オリーブオイルのきいた海の幸いっぱいのを食べましたよ。日本人の中年オヤジ二人では、ちょっと量が多かったか。まあ、満足の夕食でした。

飲み物は、おすすめの赤ワインを飲みました。これも旨かったな。

About 2007年07月

2007年07月にブログ「Let's sing until tomorrow morning - Agesan's chorus blog -」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年06月です。

次のアーカイブは2007年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36